【どちらが強い?】CRF450LとWR250Rを徹底的に比較してみた

【どちらが強い?】CRF450LとWR250Rを徹底的に比較してみた

Honda CRF450L が2018年9日20日から発売開始されます。

CRF450L
CRF450L

CRF450L 車種カタログ

「久しぶりの新しいトレールバイク」ということだけでオフロード界隈は盛り上がっていますし、「安かろう悪かろう」とは正反対のバイクでどんなバイクに仕上がるのか、今から楽しみです。

で、ふと疑問に思うのが「CRF450LとWR250Rとではどっちがいいの?」という事。

まだ発売されていないので乗るまではわかりませんが、スペックや実際にWRのオーナーさんにインタビューしてみつつどっちが強いのか考察してみました。

Advertisement

CRF450L vs WR250R

まずはスペックから見比べていきます。

Advertisement

パワー感は?

まず排気量が450ccと250ccとで違うので単純比較するのはややWRが不利だと思いますよね?実際に見てみると・・・

CRF450L WR250R
出力 18kW(24馬力)/7,500rpm 23kW(31馬力)/10,000rpm
最大トルク 32N・m(3.3kgf・m)/3,500rpm 24N・m(2.4kgf・m)/8,000rpm
内径×行程 96.0mm×62.1mm 77.0mm×53.6mm

CRFの圧勝かと思いきやスペックを見るとあまり変わりません。

海外発表の時も話題になっていましたが「450ccで24馬力」という点は日本でも同じようです。この数字が本当なら31馬力のWR250Rのほうが最大出力があることに。レーサーエンジンからモディファイしたのにWRよりもパワーないの?と思ってしまいますね。

しかし最大トルクはCRF450Lのほうがありますし、なにより気なるのはrpmが低い点です。最大トルクが発生するエンジン回転数が3500rpmなのです。3500rpmはスロットルで言うと開け始めの”低速域”です。これが本当なら「モトクロッサーベース」「パワフル」ではなく低回転時にグイグイ走る、いわばセローのようなフレンドリーなバイクなのかもしれません。

スペック上で見るとCRFは「低速トコトコ」でWRは「高回転域でグワーン」っといった印象になりそうですね。

燃費は?最大航続距離は?

トレールバイクで大事なのが燃費と「一回の給油でどのくらい走れるのか」という最大航続距離。

比較してみると・・・

CRF450L WR250R
タンク容量 7.6L 7.6L
燃費 31.0km/L(60km/h) 34.0km/L(60km/h)
ガソリン ハイオク ハイオク
最大航続距離 235.6km 258.4km

ガソリンタンクはCRF450LもWR250Rは同じ7.6Lです。燃費については流石に250ccであるWRのほうが上ですがこう見るとあまり差はなさそう。どちらもガソリンはハイオクです。

お金に関しては?

マシン本体の代金もですが、CRF450Lは450ccなので大型免許が必要です。そして日本だと250ccと400cc以上では税金や保険の金額が変わってきます。年間のガソリン代も計算してみました。CRF450Lの維持費のイメージにお役立てください。

CRF450L WR250R
価格(税込) 1,296,000円 721,440円(既にカタログ落ち)
大型免許代 おおよそ10万円前後 不要
自動車税/年 6,000円 3,600円
自動車重量税/年 毎年1,900円 不要(新車購入時4,900円)
自賠責保険/年 8,290円 8,650円
ガソリン代(157円/L、1万km)/年 50,645円 46,176円
車検 およそ8万円/2年 なし

予想通り、CRF450LはWR250Rに比べるとお金がかかることがわかります。ほとんどの項目は細々とした違いですが一つだけ大きく金額が変わる項目が。それは車検の有無。自分で車検を通せる方はもっと安く維持できるはずですが車検があると維持してるだけでお金が必要です。

なお、任意保険は調査した限りだと大型かどうかで大きな金額の差ははないようです。

最後にマシン代ですが、CRF450LはWR250Rと比べてもお高い。しかし既にWR250Rが生産終了となりプレミア価格として販売価格が100万円を超えているショップもあると聞きます。他に似たコンセプトのバイクがないことと、レーサーモデルであるCRF450Rが966,600円と考えると、この値段は決して高すぎるということはないはず。

重さは?足つきは?

オフロードで大事なのは重さと足つきです。二台に違いはあるのでしょうか?

CRF450L WR250R
重量 131kg 132kg
シート高さ 895mm 895mm

なんと、CRF450LとWR250Rは重量・シート高ともにほぼ一緒です。450ccなのに重量はWR250Rと同じの意味がわからない。。

これは経験ですが、重いパーツがどこについているかによって感じる重さは変わりますし、シート高も角の形状で足つき感は変わります。ですので、実際にまたがってみるまでは参考程度に見ておいたほうがいいです。

CRF450Lはオンロードもオフロードも楽しむデュアルパーパスバイクですが、この”軽さ”はオフロード走行では大きな武器となるでしょう。ですがオンロードで高速巡行するときは、横風に弱く安定性が欠けるかもしれません。この辺のバランスは気になりますがWR250Rと概ね同じ印象となるのではないかと予想しています。

CRF450Lは1000km毎にオイル交換?

バイクメンテナンスは色々ありますが、一般的にユーザーが行う作業を比較してみます

CRF450L WR250R
エンジンオイル交換 1,000kmまたは4ヶ月ごと 6000km走行毎(または1年毎)
エンジンオイルフィルター交換 1,000kmまたは4ヶ月ごと 18,000km毎
エアクリーナー交換 6ヶ月ごとに点検・3年で交換

CRF450LはWRに比べてオイル交換頻度が高いです。これは”レーサーエンジン系だから“という話ですが、たとえば外車トレールバイクであるKTM690ENDURO Rやハスクバーナ701ENDUROも1,000kmごとにエンジンオイル交換が推奨されていますので驚くほど頻度が高い、ということはないと思われます。

HondaのCRF450Lにはこんな注意書きがあります。

CRF450Lのメンテナンスに関する注意事項
CRF450Lのメンテナンスに関する注意事項

WR250Rではそもそもこのようなメンテナンス情報が掲示されていないため、比較はできませんでした。

メーターや外見

スペック以外の部分で見ていきましょう

CRF450Lのメーター画像
CRF450Lのメーター
WR250Rのメーター
WR250Rのメーター

CRF450LのメーターはWR250Rのメーターに比べてシンプルですが、オフロードレーサーはたいていシンプルメーターなのでより本格的な印象があります。

CRF450Lのヘッドライトまわり
CRF450Lのヘッドライトまわり

「オフロードバイクのヘッドライトは暗い」と良く効きますがCRF450LはLEDライトなので視認性も良いです。フロントマスクデザインも「丸目」でも「四角目」でもなく、モダンですね。

WR250Rの画像
シルバー基調に青のWR250R
CRF450Lの画像
ブラック基調に赤のCRF450L

CRF450Lの見た目は海外のオフロードレーサーの流行であるブラックアウトリムに赤、そして金色のサスペンションと豪華な印象。飛び石からフロントブレーキディスクを守るディスクガードも標準で装備されているようで、見た目はレーサーのようです。

crf250rの画像
シュラウドの形なども2019年モデルのCRF250Rを感じます

Advertisement

CRF450LはWR250Rの上位互換か

排気量はほぼ倍のCRF450Lですが、今回スペックや外見を比較するとCRF450Lは「WR250Rの上位互換」を意識ししたデュアルパーパスなバイクだと感じました。

CRF450LvsWR250R

250cc以上の大型オフロードバイクについては「重い」「燃費悪い」「低速がなくエンストしやすい」「パワーありすぎて扱いきれない」「余計な電子支援装置がついてる」などを良く聞きますが、CRF450Lは上記のようなネガティブな部分がほぼすべてカバーされています。

バイクは乗ってみないとわからないですがこの事前情報を読む限り「WR250Rの上位互換」といえます。「オフロードもオンロードも両方とも高次元で楽しみたい」「WR250Rの購入を検討している」という方は試乗やディーラーの展示車両を跨ってみましょう。

比較・まとめカテゴリの最新記事