【R25との違いは?】MT-25に乗って分かったメリット・デメリット【サーキット走行も】

【R25との違いは?】MT-25に乗って分かったメリット・デメリット【サーキット走行も】

こんにちは。ぼっちバイカーです。

2代目カズート(@kazuuuuuuuuuto) さんにヤマハ MT-25のメリット・デメリット、そしてインプレについてお聞きしました。

カズートさんのMT-25
カズートさんのMT-25
Advertisement

MT-25ってどんなバイク?

ヤマハ MT-25は『大都会のチーター』というコンセプトのもとに開発された250ccの直列2気筒・DOHC・4バルブの4サイクルエンジンを積んだネイキッドバイク。

YAMAHA MT-25 MY2019
YAMAHA MT-25 MY2019

いわゆる”ヤマハのMTシリーズ”はネイキッドバイクの中でもストリートファイターというジャンルに位置しており、エントリーモデルで雑に表現すると「兄弟機のYZF-R25のネイキッド版」です。

MT-25とYZF-R25での違いとしてはカウルの違いがありますが、それ以外にもMT-25は扱いやすいアップライトなバーハンドルなので街乗りメインならMT-25、ツーリングやサーキット想定ならYZF-R25を買う方が多いようです。

バイク歴

カズートさんはバイク歴3年。このMT-25が初めてのオートバイです。

YAMAHA MT-25 → HONDA CBR250R → HONDA NS50F

なおカズートさんのお父様は昔からオンロードバイクレースに出られており、カズートさんが子供の頃もレースを見に行ったりしていたようです。が、カズートさんはバイクでなく野球に興味を持ち、バイクの免許を取得したのは大学生になってからなんだそう。

MT-25を選んだ理由

ーーなぜ人気のYZF-R25にしなかったのです?

カズート:MTを選んだのは”あえて”でした。というのもR25と比べてMT-25は圧倒的に乗ってる人が少ないんです。どうせ乗るならなるべくみんなが乗っていない車種がいいなぁと。あとは軽快でスポーティーなデザインにも惹かれましたね。

カズートさんのMT-25
カズートさんのMT-25

MT-25は新車(約50万円)で購入しましたが、当然学生の僕にはポーンと買うほどの余裕はありませんでした。そこで両親に交渉し、普段の仕送りから毎月2万円の減額を25か月継続することを条件に、バイクを購入することができました。減額は結構きつかったですね笑

ーー初めから250ccを狙っていたのです?

カズート:当初は金額的にも手が出しやすい125ccの新車を探していました。が、「125だと作りが安っぽいものが多い」と父に言われ、当時何も知らなかったのと知り合いでもバイクに詳しい人はいなかった為、アドバイスに従い250ccにしました。250ccだと高速道路も乗れるというのも大きかったですね。

250ccモデルと決めたからまず最初にフルカウルのモデル探しましたが、MT-25のアップライトなスタイルが良かったのと、軽い分馬力があると感じ、最終的にMT-25に決めました。

MT-25で走っていて一番楽しいと感じるシチュエーション

悩んだ末に購入したMT-25ですが、カズートさんはどんな場所を走り、何が良かったのかを聞いてみました。

ーーMT-25では街乗りがメイン?

カズート:ローングツーリングもちょこちょこしましたよ!最長だと、栃木から青森経由で函館へ渡り、札幌の実家まで走った時ですね。そして、札幌から稚内までをMT-25でキャンプツーリングしたりもしました。最高でした。

北海道ツーリングの写真
北海道ツーリングの写真
ーーMT-25でサーキットも楽しまれたんだとか?

カズート:はい。MT-25を買って半年くらいからサーキットにも行くようになりました。この辺は父の影響ですね。MT-25でサーキット走る人は誰もいなくて珍しがられました。

よく行くのは筑波サーキットです。”1000″と”2000″という2つのコースがあり、1000はミニバイクも走れます。両方とも走りましたが僕はどちらかというと2000の方が好きですね。特に最終コーナー(大きいカーブ)からどうやって最大スピードで脱出するかを考えるのが楽しいんです。

MT-25でサーキット
MT-25でサーキット
ーーサーキットの魅力を一言で伝えると?

カズート:サーキット走行は本当に楽しいのですが、特にパドックからコースに出ていく瞬間がたまらないんです。

練習でもレース本番でも同じで、あの緊張感・感情の高ぶりって他では経験できないです。

MT-25を買ってよかった3つのポイント

カズートさんはどこに魅力を感じているのかから聞いていきます!

1:MT-25はポジションが楽

カズート:MT-25はハンドルが高いので胸を張ったままでも余裕でハンドルに手が届くので疲れにくいんです。300-400kmくらいのツーリングをしても楽なポジションだからかあまり疲れなかったですね。

MT-25のハンドル周り
MT-25のハンドル周り

2:MT-25は高回転が気持ちいい

カズート:特に気持ちが良いのが高回転域で走っている時です。MT-25の高回転時のエンジン音が好きで、テンションが上がりますね。特に10000回転超えたあたりからすごく好きで、、つい開けてしまいます。

サーキットだとバイクの限界を知ることができる
サーキットだとバイクの限界を知ることができる

ただ、マシンの加速はそこまで激しい感じではなかったです。でもこれは逆に言えばスロットル捻っても怖くないし、気持ち良く開けることができるとも言えるので良いところであり悪いところでもありますね。

3:MT-25は曲がりやすいので初心者におすすめ

カズート:MT-25のサスペンションは全体的に柔らかめ。もともと車体がソフトなので、コーナーでは力を抜いて倒してあげるだけで素直に曲がってくれます。

・・・これはHonda CBR250Rに乗り換えてから気がついたことですが、CBRと比べてMT-25は素直に曲がっている感じがありました。

MT-25はアップライトなバーハンドルなのでコントロールしやすいですし、上体が起きている分、自分の重心コントロールがしやすい。初心者向きだと思います。

逆にMT-25のバーハンドルに慣れていると、他のセパハン(セパレートハンドル)のバイクに乗った時に重心コントロール難しいと感じました。あと、MT-25の足つきも問題なかったです(カズートさんは身長180cm)

まとめると・・・

MT-25を買ってよかった3つのポイントは

  1. ポジションが楽
  2. 高回転が気持ちいい
  3. 曲がりやすいので初心者向き!

MT-25で不満な3つのポイント

ツーリング・サーキットと走ることでMT-25のデメリットというか不満点もでてきたようです。今回はサーキットにてMT-25で走る時の悩ましいポイントを聞いてみました。

1:ポジションが甘い(サーキット走行時)

カズート:MT-25の良さであるアップライトなポジションですが、サーキットだと「甘いポジション」となってしまいます。特に、走行中に体を伏せるとどうしても手が上がってしまうんです。あとハンドルが近いので肘が内側に入りきらずに膝の外に出てしまいます。

結局MTではカスタムしませんでしたが、バーハンドルからセパレートハンドルに交換してシートカウルをつければもうちょっといい感じになっていたかもしれません。あとこのポジションだと見た目もレーサーっぽくないこともありますね。。。

とはいえ、ノーマルMT-25でサーキットを走ったとしても、運転が上手な人が乗ればふつーにそこそこ早いと思います。あくまで個人的な不満点です。

2:MFJ公認車両じゃない

カズート:MFJ*公認市販車のリストがあるのですが、その中にMT-25は入ってないんです涙 YZF-R25はあるのに・・・。「ネイキッドだからなのか?」と思ってましたが、KawasakiのネイキッドであるZ250はリストに入っているんです。ちょっと悲しかったですね・・・

*MFJ(財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)という日本のレースを管轄する機関

3:ゼッケンプレートがつけられない

カズート:ヘッドライトを外してゼッケンプレートを付けたかったのですが、MT-25はヘッドライトにメーターをマウントする構造のため、「ゼッケンプレート+メーター」という組み合わせができません。兄弟車のYZF-R25はいけるのですが・・・

設計上どうしようもないので、ガムテープで養生して出ました。

ヘッドライトを養生されたMT-25
ヘッドライトを養生されたMT-25

見て分かる通り、サーキットにて本格的にMT-25で走る人は誰もいないですし、あまりおすすめできないですね。

まとめると・・・

MT-25で不満な3つのポイントは

  1. ポジションが甘い(サーキット走行時)
  2. MFJ公認車両じゃない
  3. ゼッケンプレートがつけられない

MT-25におすすめな3つのカスタム

最後にカスタムについて。これも主にサーキット前提でのお話です。

1:OVERのフルエキ

カズート:OVERのフルエキ(フルエグゾーストパイプ)を選んだのは、「公道走行可な点」と「(パイプの)色がかっこいい点」です。

MT-25にOVERのフルエキ
MT-25にOVERのフルエキ

2:OVERのレーシングステップ

カズート:これはいわゆるバックステップの事です。ポジションを改善したくて導入しました。OVERを選んだ理由は、マフラーをOVERだったので統一したかったからです。見た目もピカピカで綺麗なシルバーを選びました。

純正ステップではタンクの形と太ももが当たる位置がずれていたのですが、バックステップを導入してからはそれが改善され、綺麗に足が収まるようになりました。もちろん公道を走っても全く問題なしですし、逆に疲れにくいと感じますね。おすすめです。

3:Magical Racingのアンダーカウル

カズート:サーキットではオイル漏れをキャッチするために、アンダーカウルが必要なのです。そこで、マジカルレーシングのアンダーカウルを購入しました。正直、性能というよりは見た目で選びました。その結果、かなり戦闘的になったので気に入っています。

アンダーカウルの存在感
アンダーカウルの存在感
戦闘的なMT-25
戦闘的なMT-25

・・・

カズート:とにかくMT-25でサーキット遊びをやるのは困難が多かったですが、やろうと思えばここまで遊べます。

まとめると・・・

MT-25にオススメの3つカスタムは

  1. OVERのフルエキ
  2. OVERのレーシングステップ
  3. Magical Racingのアンダーカウル

次に乗り換えるなら?

kawasakiのKX85です。

オンロードで上手くなるためにオフロードがやりたいですね。ただ装備などの初期投資がかなり高いので正直手が回らないのでしばらくはオンロードで頑張りたいと思います。

Advertisement

まとめ

まとめると・・・

バイク情報 YAMAHA MT-25
走行距離 約7000km
良いところ
  1. ポジションが楽
  2. 高回転が気持ちいい
  3. 曲がりやすい!
気になるところ
  1. ポジションが甘い(サーキット走行時)
  2. MFJ公認車両じゃない
  3. ゼッケンプレートがつけられない
おすすめカスタム3つ
  1. OVERのフルエキ
  2. OVERのレーシングステップ
  3. Magical Racingのアンダーカウル

インタビューした人

  • 名前:2代目カズート
  • 愛車:YAMAHA MT-25 2015年式 シルバー×ブルー
  • バイク歴:3年
  • アカウント
  • 最後に一言:こうやって記事にしていただくと、当時の思い出が鮮明によみがえります!良いバイクでした…また会いたいです?

ぼっちバイカーのヒトコト

avatar

ぼっちバイカー

MT-25でサーキット遊びする人は参考にしてみてください!(いるのか?!)

バイクインプレカテゴリの最新記事