【Fantic】Flat Track(フラットトラック)シリーズの特徴と違い【ファンティック】

【Fantic】Flat Track(フラットトラック)シリーズの特徴と違い【ファンティック】

FanticのFlat Track(フラットトラック)シリーズには125cc,250cc,500ccの3つの排気量があります。

Fantic Flat Track
Fantic Flat Track

今回はその特徴と違いについてご紹介。

Advertisement

Fantic FlatTrack(フラットトラック)の特徴は?

Fantic FlatTrackの特徴は名前の通り、フラットトラックを走るダートトラックスタイルをモチーフとしたバイク。

ダートトラックスタイルとはアメリカ発祥のフラット(ダート)トラックレースで走っていたバイクスタイルで、オフロードレースですがモトクロスのようなジャンプや凹凸はなくフラットダートなオーバルを走る伝統的なレースです。

Flat Track500のこのPVを見れば一発でわかります。

特に特徴なのがホイールがフロント・リアともに19インチのスポークホイール。これがダートトラックスタイルです。そのスタイルがゼッケンナンバー”19″にも表れています。

"19"の意味を知ってるか?
“19”の意味を知ってるか?

ロードマシンに多く採用されている 17インチよりもホイールの直径が大きいことでコーナーリングでの安定性が高く、リヤをスライドさせた時のコントロール性も良好。安定性とコントロール性の高さから街中からワインディング、高速道路、一般的な林道まで幅広く楽しめます。

前後19インチタイヤはFlat Trackだけ!
前後19インチタイヤはFlat Trackだけ!

なお、前後19インチのダートトラックスタイルのバイクはレーサーをのぞいたらFantic以外では出していないんだとか。ヨーロッパ・アメリカでも最近はフラットトラック系のバイクが流行っているそうですが、どのメーカーもリア19インチではないんだそう。これは足つきの問題などもあるようです。

そういう意味でこのバイクは「ダートトラック・レーサーに保安部品を付けたようなバイク」と形容するほうがいいのかも知れません。

街中を走れば目立つこと間違い無しです。

19インチのタイヤはどうすれば?

Flat Trackのリアタイヤは 140/80 19インチのタイヤを装備しています。このタイヤサイズは珍しく他と被らない半面、タイヤの調達が心配になるかもしれません。

が、そこはご安心を。

日本ではShiko(シンコー)だけ唯一、このサイズのタイヤがあります。

Shinko SR268
Shinko SR268

SR268はコンパウンドも3種類選べるので、レーシーな走りからがっつりオンロードツーリングする高寿命な走りにも対応しているそうです。

ダートトラック・レーサーに保安部品をつけたようなバイクだ

実車を見て一番感じたのは、「ダートトラックレースで走ってるマシンに保安部品を付け多様な佇まい」ということ。

武骨で渋いメーター
武骨で渋いメーター

特にリアフェンダーはすごいです。

上から見た図
上から見た図

いわゆるリアフェンダー部分の裏から補助フレームが二本出ていて、そこに保安部品がつけられています。

このフレームはどうやってマウントされているかというと・・・

ボルト二本でマウント
ボルト二本でマウント

“外せ”と言わんばかりのスタイルです。この”レースにすぐ出れる佇まい”が堪りません。

Fantic Flat Track(フラットトラック)の違いは?

3つの排気量がありますのでスペックシートから分かる共通点や違いについて紹介します。

FlatTrack(フラットトラック)の共通スペック

スペックシートで共通しているのは以下項目です。

エンジン:単気筒4ストローク水冷エンジン
方式:SOHCの4バルブエンジン
始動:セル
ギア:6速
クラッチ:湿式多板クラッチ
排気システム:デュアルエグゾースト by ARROW
フレーム:クロムモリブデン鋼 中央チューブフレーム
スイングアーム:スチール製可変セクションプログレッシブリンク
ホイール:ブラックアルミニウム
ABS:コンチネンタル製 2チャンネルABS
フロントサス:FANTIC FRS ø41mm upside down
フロントサス長:150mm
リアサス:FANTIC FRS, rebound damping regulation
リアサス長:150mm
シート高:840mm
ホイールベース:1425mm
全長:2120mm
燃料タンク:12l

排気量ごとの違う部分は?

500cc,250cc,125ccの違う部分だけを以下表にまとめました。

項目 500cc 250cc 125cc
排気量 449cc 249.6cc 124.45cc
MAXパワー 40HP @7500rpm 25HP @8500rpm 不明
MAXトルク 43Nm @6000rpm 22Nm @6500rpm 不明
ボア・ストローク 94.5mm・64mm 77mm・53.6mm 52mm・58.6mm
インジェクション ATHENA GET製 電子FI – スロットルボディ ø40mm ATHENA GET製 電子FI – スロットルボディ:ø34mm Keihin ø30
タイヤ 110/80 R19, 140/80 R19 110/80 R19, 130/80 R19 110/80 R19, 130/80 R19
ブレーキ Front floating brake disc ø320mm – Rear brake disc ø230mm Front brake disc ø320mm – Rear brake disc ø230mm Front brake disc ø320mm – Rear brake disc ø230mm
乾燥重量 150 kg 140 kg 130 kg
価格(税込) 110万円 89万円 79万円

Fantic Flat Trackの排気量ごとの違いとしては、500ccではタイヤが140/80と少し大きくなり、かつフロントブレーキもフローティングブレーキに変わっています。逆に言えばそのくらい。125と250ではエンジン以外だとFIかキャブかが大きな違いと言えます。

外見での違い

外見をそれぞれみてみましょう。

Fantic Frat Track 125
Fantic Frat Track 125
Fantic Frat Track 250
Fantic Frat Track 250
Fantic Frat Track 500
Fantic Frat Track 500

気になったのは以下です。

・エキパイのヒートガードは3種類みんな違う
・125だけスイングアームの形が違う?
・125だけマフラーの形がシンプル
・125だけエンジンの色味が違う

逆に言えばこのくらい。外装などはどれも同じに見えますね。

アラウンドビュー

実際に動画を撮影してきました。

フラットトラックのどれを買うべき?

もしフラットトラック・シリーズで迷っているなら・・・

・大型免許を持っていてオンロードがメインならパワーにゆとりがある500
・高速には乗りたいけどダートもガシガシ行きたいなら軽い250
・維持費を安くしたい。あと街乗り程度で高速乗らないなら125

ガソリンタンクは3つとも12L。Flat Track500は最大航続距離が気になります。リッター20km行くなら200kmは行きますが、リッター15kmだと200km走りません。

Advertisement

まとめ

Fantic FlatTrackシリーズの違いについて紹介しました。

ファンティック フラット トラック

共通する部分が非常に多く、エンジンに合わせた微調整に止まっていると感じます。とにかく、どの排気量も”フラットトラック”と呼ぶにふさわしい仕上がりになっているので予算や使い方に合わせて選択するのが幸せになれるはず。

かなり渋いバイクなのでライディングウェアもキメッキメで乗りたいですね!


兄弟車のスクランブラー・シリーズとの違いについてもチェック!!

【Fantic】 Scrambler(スクランブラー)シリーズの特徴と違い【ファンティック】

比較・まとめカテゴリの最新記事